数秘バースデーカラーセラピスト続々誕生!

2019.06.13

皆さんは数秘というと、「知ってる」と答えるのではないでしょうか?

torie本部講師 志田美智代です。

誕生日から導き出した数字。

私もかつてはそうでした。私の数秘は「1」。

そう知っていたから、私のこの行動ってそうだよね。。。と思っていたんです。

でも知っていたのは、それだけ。

もっと生かせることがあるんでは?と思ったんですよね。

それでも世の中「数秘市場」が正直あふれている。

その中でtorie の数秘バースデーカラーを選んだのには、意味がちゃんとあったんです。

自己認知が一番最初にある

まずは自分のことを知らないとどう変わるかわからないの。

変わりたいと思っても、自分がどんな状態なのか、どんな強みがあるのか。

残念ながら、自分を完全に見ることは自分ではできない。

だから他の人から見たことをきいたり、あるいは、こうじゃないのかな?と想像したり・・・

だけど、数秘は「お天気予報」のようなもの。

絶対的ではないけど、かなりの信頼性がある統計学。

そこからわかる自分っていうのをまず認めてみようよ。

それができる。

わかったら、現地点がわかるんだから、そこからどう進んでいこうか、ってわかることができる。

今の場所がどこかわからなかったら出発さえできないんだよね。

だから、ただの「そういう傾向がある」だけではなく、「今自分はどう見えているのか」「大切にしていることは何か」

それがわかる「数秘バースデーカラー」に惹かれたの。

それからバイオリズム

バイオリズムは9年単位。

今が明日を創るのと同じように、過去が未来をつくる。

いまが未来をつくる。

そして今の状態がどういう状態かとわかれば・・・「今どうすればいいかもわかる」

そしたら、明日が自分の手で決めることができるってことじゃない?

なんて素敵なの!

自分で選べる世界。

私たちはいつのころからか、自分で選べないと思っている。

いや、思い込んでいるっていうのが本当かな。

そしてあるとき、飛び立てることに気づく人もいる。でも、飛び方を忘れている。

飛び立つことさえ思い出せない人もいる。

ただ忘れている自分の可能性を引き出していく。

けして当てるのではない。

その本人の中に「ある」ものに気づいてもらう。

それが数秘バースデーカラーセラピストのお仕事。

関係性がわかるから!

人のすべての悩みは対人関係にある。とアドラーが言いました。

でもね。それをどう超えていくか。自分で超えるしかないの。

誰も代わりになんてなれないんだから。

その残念ながら悩める相手や、「悩みたい相手」(笑)のことを知ることができるのも

解決方法のひとつ。

私たちは「~~しなければならない」という考えでいっぱいになってる。

でもそうでなくてもいいこともある。

関係性も、いくら悩んでいても始まらない。

どうしたらいいのか、も考えてるだけでは何も変わらない。

だからこそ。こんなときも、数秘バースデーカラーを使うと関わり方もわかってきます。

だってまずは相手のことが理解できるんだもの。

「知って」「じゃあ、どうする?」ってことを決めることができるのは私たち。

その素晴らしいツールです。

数秘バースデーカラーセラピスト講座では!

私は岐阜県の講師です。オンラインも可能です。

岐阜や名古屋の方とは一緒にランチを食べながら、いろんなお話をして。

そして、使える数秘セラピストさんになってほしいので、

セッションを大切にしています。

使えるセラピストさんの背中も押したい。

だって、「あなたは人に勇気づけできる人だもの!」

そう胸張って伝えたいんですよね。

だから、これからもいろんなツールの中の一つとして数秘を生かしてほしい。

そう願っています。

数秘バースデーカラーセラピスト養成講座では、

・ベーシック

・アドバンス

・ティーチャーとありますが、教える仕事をしたいと言われるティーチャーさんも現れてきました。

その生き生きとした姿をみることができるのも、私の楽しみの一つです。

これからもtorieには魅力的な講座がたくさんありますので、目の前にいる方の先にも

まだ届けたい人がいる。

そう思いながら・・・伝え続けたいと思っています。

全国に伝えたいっていうのが私の夢です!

あなたと出会えて、素敵な生活の提案ができるのをお待ちしています。

―――――――――――――――――――――――

親子総合プロデューサー 志田美智代

―――――――――――――――――――――――

https:micchannsensei.com

 

torie本部講師 志田 美智代

元教員・現在学習教室指導者として教育現場歴24年のべ1万名以上の生徒指導中。アドラー心理学やコーチングカード、星読みなどのセッションとの組み合わせも可能。学びのチカラで未知を道にするのが得意。賢くなる子育てと起業ママ支援をする親子総合プロデューサー

プロフィール詳細

コラム カテゴリ 最新記事

京都リトリート2019.7.6 ~中島輝先生とtorie生という名の仲間達~

《 京都リトリート2019.7.6  with 中島 輝先生とtorie 生という名の仲間達 》 ついに行ってきました!人生初のリトリート💛...

色彩コラムvol.5~震災や災害は人が好む「色」を変える~

平成の30年間、私たちはかつて経験したことのない災害や震災が、日本各地に広範囲で起きていました。 復興もままならないまま令和になった現在も、九州豪雨や山形...

色彩コラムvol.4~色で省エネ、色でエコな暮らしを楽しむ~

「色」にはさまざまな効果があり、室内のインテリアや小物などに 「色」を上手に取り入れる事で、季節ごとに体感温度を調節することが出来ます。 私たちは「...

数秘バースデーカラーセラピスト続々誕生!

皆さんは数秘というと、「知ってる」と答えるのではないでしょうか? torie本部講師 志田美智代です。 誕生日から導き出した数字。 私もかつてはそ...

torieのハーバリウムアーティスト講座って?

こんにちは torie本部講師の成海舞乙です。 今日はtorieのハーバリウムアーティスト講座ってどんなことをしてるの? ハーバリウムってそも...

torieで人生のエッセンス探し

こんにちは torie本部講師の成海舞乙です。  私が心の学びを初めてから、一番大切にしていることがあります。 それはとても扱いが難しく、時に我を忘れてし...

色彩コラムvol.3
~日本の色ものがたり~

平成から令和に年号が代わり、新しい時代が幕開けしました。 新しい年号は、日本古来の歌集「万葉集」より引用されたと言われています。 また、「令和」には...

人の気持ちが気になるあなたへ

あなたは人の気持ちが気になって、 落ち込んでしまうことはありませんか?   例えば、 「仕事失敗してしまった。あの人から何か言...

色彩コラムvol.2
~4つのHappyカラーを使って「幸せ」な日々を~

私たちは五感を使って日々生活をしています。 視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚の中でも 特に視覚からの情報は全体の約80%を占めています。 そしてそ...

魂の喜ぶことをすればいいんじゃない

生きることが辛くなったり 生きていくことが嫌になってしまったり 自分は生きている価値のない人間だと 思ってしまったり・・・ そんな人達が...

HSPHSSさん向けおすすめ本2選【やりたいことが溢れてわくわくする!】

こんにちは。HSPカウンセラープロフェッショナル講座受講生の奈緒です。 HSP&HSS混合タイプさんの本って、世の中に全然ないんですよね。 なかった...

いかに生きるか?

あなたがどんな時でも、 あなたがどんな事をされても、 まずはあなたからやわらかい表情 どれだけ生きるかではなく、 いかに生きるかが重要なのだ。 い...

自分をもっと好きになりましょう

私なんて無力な存在だから… そうやって、人と比べていると あなたがあなたの勇気くじきをすることになります。 比べるべきは昨日のあなたです。 あな...

新刊『自己肯定感の教科書』が発売になりました

みなさま、こんにちは。 中島輝です。 2月16日(土)に、自身6冊目となる 何があっても「大丈夫。」と思えるようになる 『自己肯定感の教科書』 出...

ひとを想うひとの心

今年どうしても行きたいところがありました。 それは、青森県下北半島の恐山です。 今から40年ほど前、 まだ子供だった私は、両親、妹と恐山を訪れました。...

自信がなくてもやりきるために必要なもの

今までとは違う経験をしてみたい! そんな気持ちって きっと心の中にありますよね? 例えば・・・・ ・新製品のお菓子を買ってみる! ・新しくOPEN...

色彩コラムvol.1
トリエカラーで"ポジティブイエロー"な日々を

みなさんは“自分を楽しむ”こと出来ていますか? 大人になるといつしか「するべき、あるべき」の 役割に力をそそいでしまい、 「自由に発想し自分を創造する...

CATEGORY

人気の記事

新講座 ハーバリウムの進化系 日常で使える実用的ハーバリウム

レポート

受講生さまとの出会い vol.1 〜ヒデさん〜

インタビュー

色彩コラムvol.3 ~日本の色ものがたり~

コラム

何かを始める時の指針になる【数秘バースデーカラー受講生の声】

レポート

私がHSPを仕事に生かしている方法まとめ【5つの仕事と使う力と選び方】

レポート

FOLLOW US